ビフテキ

かつては高級食とされたビフテキです。ですが、今では大衆食になっていますよね。分厚い牛肉のスライスを豪快に焼いたビフテキ。このビフテキは、ビーフステーキの略語だと思っている方がたくさんいると思います。
実際のところ、ビフテキは、ビーフステーキ能力では無いのです。それでは一体、ビフテキはなんの略なのでしょうか?今回は、ビフテキの正しい略称をお教えしたいと思います。
答えを言いますと、ビフテキはフランス語でビーフステーキを意味する「ビフテック(bifteck)」が、日本語風に発音された言葉なのです。ではビフテックの語源は一体なんなのでしょうか?実はビフテックの語源は、英語のビーフステーキだといわれています。ということはビフテキは間接的にビーフステーキといえそうですね。
さらに話をややこしくすると、英語のビーフは、フランス語で牛を意味する「ブッフ」が語源だと語り継がれています。鶏が先なのか卵が先なのかわからないような話ですね。要するに、ビフテキの語源はフランス語と英語の両方から来ていると考えたら良いのではないでしょうか?この豆知識を知っていたからといって、特に披露する場はないと思います。