ホテルで飲んだコーヒーの味

贅沢は敵だ!ではないけれど、ずっと節約志向だった私は、ホテルのような高級な場所で、お茶の時間を楽しむなんて縁がないと思っていました。
でも珈琲は大好きなので、せめてものプチ贅沢としてカフェパウリスタの通販で自家焙煎珈琲をときどき購入しています。
でも、ある方がホテルでコーヒーを飲むことを勧めてきたのです。
たまにこういう時間を過ごすようにすれば、ホテルでコーヒーを飲むのにふさわしい素敵な人に近づけるからとのこと。
日ごろから、もっと人間的にも経済的にも上の女性になりたいと思っていた私は、勇気を出して言われるままホテルでのコーヒーの時間を体験してみたのです。
もちろん緊張しました。それに、慣れていないこともあって居心地が良いとも思えませんでした。
ところが、実際に目の前に白い上品なカップに注がれたコーヒーとケーキを出された瞬間、私の中で何かが変わったのです。
それは、思いがけない内側から溢れてくるような幸せと、何でもできそうだと思えるパワーのようなものでした。
「そうか、彼女が私に教えたかったのはこの感覚だったのだ」日ごろから慣れている方にはわからないことかもしれませんが、私にとっては新しい扉を開けたようなワクワクする感覚でした。
私だって、こんな風に贅沢な時間を味わえるんだ。その気持ちが、私を強くしてくれたような気がしました。